FC2ブログ

高齢者と猫

私は高齢者福祉の仕事をしていますが
一緒に犬や猫が大きな問題になる事があります。

認知症を発症し、猫が子供のようになってしまい、
あとを追いかけて徘徊してしまう。

餌をあげて、野良猫が増えてしまう。
近所からの苦情。

犬を置いて施設にはいれない...と入所を拒否する。
犬も人間も糞尿の中で生活している。

犬の世話ができないから、吠えてばかりだから、飼えない。保健所に持っていく。

散歩も行ったことがなく、玄関につながれっぱなしの犬。

金銭的に厳しくても猫には高価な餌を与えて、自分は栄養失調。

数えきれないほどに問題があります。

これからの高齢者社会。たくさんの事例がてでくる事でしょう。

その中で、ある高齢者宅では、周りの人達の協力でみんなが幸せに暮らしています。
奇跡のような事例ですが、こういう事もできるのです。

かなりの認知症の方の独居で、猫に餌を室内であげていました。
野良猫が自由に出入りし、どんどん数が増えていき、家中も糞尿だらけ。
でも、その方は猫が大好きで、猫と接する時はとても優しい表情をします。
ボランティア、後見人、ケアマネージャー、自治会など
たくさんの方がが動き、出入りする猫を全部去勢避妊し、サクラ耳カット。
自治会には地域猫として認めてもらう様、働きかけ、
家の中の清掃、畳はビニール製にして、布団はベットにして清潔を保つようにしました。

私はこの方のお家を訪問するのが楽しみです。
全部で何匹の猫がいるのか。私もあった事のない子がいるようです。
みんな、名前はしろゃんかくろちゃん

なつっこい白ちゃん。

1399450100311.jpg

長毛のくろちゃん。
静かな時間がながれています。

1399450088601.jpg

今月、総会があります。
家族や地域の方が沢山見えるそうで、お話しする事になりました。
打ち合わせをしていたら、ついつい動物目線になっていき、
それではだめだと言われてしまいました...。
人間も動物も幸せであるには、どうすればよいか。
考えるきっかけになってほしいと思います。

1399450119427.jpg

緊張するよ~
スポンサーサイト



| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック URL

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ハリー (120)
学校 (11)
猫 譲渡会 (52)
家族 (3)
旅行 お店 (26)

FCカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR